-

自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険という保険で通称自賠責保険と言う保険です。

この自賠責保険は別名、強制保険とも言われていて、愛車を決められた期間ごとの車検に通すときには定められた車検の期間に適用される自賠責保険に入っている必要があります。

言い換えれば、すべての自動車に加入義務のある保険なのです。

それではクルマに自賠責保険が付いた状態で売った時にはどうなるか考えてみましょう。

強制保険(自賠責保険)は車検時に更新することが少なからずあったりしますがもし自賠責保険に加入した車を売った際は、その金額が戻ってくるということはなかなかありません。

なぜなら自賠責保険を一旦なくして新しい所有権を持つ人移行するということは面倒なのです。

なので、強制保険というものは名義を変えてクルマと一緒に手放すということが一般的です。

その代わりの金額を商品代に乗せてくれるのです。

強制保険(自賠責保険)というのは自動車税と違って支払い済みの金額を月々で割り算した額が返還されるやり方ではなく査定に足すというような方法がとられるのが通常ですがこの上乗せが買取査定票に掲載される場合は珍しいです。

ですから、車買取時は強制保険(自賠責保険)の金額が売却額に反映されているかを注意したほうがいいでしょう。

自分が支払った金額がどれだけかを頭に入れておけば大丈夫です。

自賠責保険の加入料金は契約期間次第で違うものですから、注意しましょう。

車の買取時には自賠責の名義書き換えをしなければなりません。

もしもこれをせずに放っておいたら、保険会社からあなたに保険期限の満了を知らせる便りが来ることになります。

あなたの車が少しでも高額で評価されることを応援させて頂きます。

Category

リンク